200グラム以上の機体で練習

国交省の無人航空機の飛行に係る許可・承認申請書には、無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書というものがあります。

飛行経歴には無人航空機の種類別に、10時間以上の飛行経歴を有することと記載されており、適/否に○をすることになっています。

無人航空機の定義は200グラム以上とありますので200グラム以上の無人航空機でフライトしなければ飛行経歴にはなりません。

弊社では200グラム以上の練習機を4機所有しており、社員が日々練習しております。

もちろんミニサーベイヤーアカデミー 大阪校(ドローンスクール 大阪校)でも200グラム以上の練習機及び検定機を使った練習、検定を行います。

姿勢制御のみの完全マニュアル操縦です。

難しいですがフライトした時間の分だけ自信になります。

Print Friendly